読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

peroon's diary

game programmer

ガルパンの4DXを豊洲で見てきた

ガルパンはいいぞ〜」とはよく聞いていた。4DXという施設だと、シートが動いたり回転したり、風が吹いたり、水が飛んできたりするらしい。「これはVRに近い」と思い、体験すべきなので見てきた。Webからユナイテッドシネマ豊洲の会員登録とチケットで3000円。20:30〜の回を最前列で見てみた。近すぎることもなく、シート間の幅もあり、隣と近すぎない。4DXは動くので、隣と近すぎると触れたりしそうだから余裕を持たせてあるのかな。そして始まった。4DXの機能は

  • 席の移動と回転
  • 全体の風
  • 全体の雨
  • 前方からの水と風
  • 頭と足に鋭い風
  • シャボン玉
  • フラッシュライト
  • 香り

などがあり、これらをガルパンで体感できた。ガルパンは戦車の話なので、戦車が通るときはガタガタゆれるし、戦車の回転と合わせて席も回転する。4DXとガルパンの相性は最高だ。HMDを頭に付けて4DXで見るようになるのだろう。揺れは大事だな、振動パックとか良かったものなぁ、でもスマホのゲームはバイブレーション使わないなぁ、などと思いながら揺られていた。戦車の一人称視点もあり、画面とシートの回転を合わせてあるので、これはVRだ。戦況を把握することはできなかったが、ストーリーの流れはわかった。ゲームのHMDと同じような、楽しい体感が得られた。ゲーム側も負けていられないし、ガルパンをVRでやりたいと思った。豊洲は自転車で15分くらいで着くし、川、公園、きれいな建物があって住みたい印象。世の中には知らないエンターテインメントがまだまだあるはずで、ゲームに限らずそれらを体験していって、楽しさの幅を広げていきたい。