読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GoPro HERO4 Silver, FY-WG (Wearable Gimbal)を購入した

少し前にGoPro HERO4 Silver, FY-WG (Wearable Gimbal)を購入して遊んでみている。

最初に上のウェアラブルジンバルを購入した。「もう写真より60fps動画の時代だ」と思ってRX100で動画を撮影したものの、手ぶれがひどくて動画に集中できなかったためだ。そこで、GoPro用のFY-WGを購入した。GoProは持っていないが、RX100を無理矢理取り付ければ動くかもしれないし、動かなければ売ればいい、買ったときはそう思っていた。そして到着。これは完全にGoPro専用だ。無理矢理取り付けても、カメラの重さが違いすぎるし、外れてしまう不安を持ちながら撮影なんてできない。そこで・・・GoPro HERO4を購入した。えっ!

[asin:B00O7B2ZPG:detail]

これをヨドバシCOMで購入した。防水のハウジングが最初から付いてくる。GoProはiPhoneアプリがあってリモコン操作ができたり、Wi-FiでPC, スマホと撮影した物をSyncできたりするところが、RX100との違い。そして小さくて軽い。ただ、撮影のクオリティはRX100の方が上だった。何よりもFY-WGと一緒に動いて、なめらかな60fps動画が撮影できるのがいい。これを肩に付けてスノーボードをして撮影したい。ただ、FY-WGと合わせるときは防水ハウジングを外す必要があるので、晴れていて、かつ、転けないように撮影する必要がある。自転車にGoPro + FY-WGを取り付けて撮影してみたら、微振動が残るものの、滑らかに撮影できた。人間の目で見た感じに近い。スタビライザなしだと、人間の目で見た感じとはかけ離れてしまう。

GoProはアクセサリが豊富で、頭にGoProを装着できるものを購入した。これのクリップをリュックに使うと、肩にGoPro + FY-WGを乗せることができた。これで街を歩いて撮影したい。こういうものがあると、外に出たくなる。

2017/04/16追記:電池の持ちについて。GoPro公式電池 80分、Smartree電池 70分、FY-WG 電池 90分。電池のサブを持っておいて、取り替えたらモバイルブースターで空の電池を充電することで、充電速度にもよるが撮影し続けることができるだろう。