読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

peroon's diary

game programmer

宅急便コンパクトで発送してみた

f:id:peroon:20170325021254j:image

PS4のホライゾン初回限定版をクリアしたのでメルカリで5500円くらいで売った。手数料と送料を引くと4500円ほど残る。

今回初めて宅急便コンパクトを使ってみた。箱をコンビニで65円で買って組み立てて、380円で発送できる。紙が薄いので強度に不安はある。

私が好きな発送方法は、郵便局の箱(小)100円に商品を入れてヤマトの60サイズ、送料600円での発送。箱が丈夫で白いので受け取った側の印象もいいだろう。しかし、宅急便コンパクトの方が255円安くなる。

近くのファミマから、らくらくメルカリ便の宅急便コンパクトで発送したとき、すでにいくつか宅急便コンパクトの箱が積まれていた。結構使われている発送方法のようだ。

プロテインの保存容器

f:id:peroon:20170318022540j:image

容器について。マイプロテインが減ってきたので5kg購入。ただ。この袋のとじる部分がうまく噛み合わなくて、湿気が気になる。そこで、密閉できる容器を購入した。容積は5.6リットルだが、入れてみると密度の都合上半分しか入らなかった。袋の方はガムテープで閉じ、日々の補充用には容器を利用する。こういう粉系のものは袋のままより容器で管理すると使いやすくなるので、砂糖や片栗粉やクレアチンなども容器に入れている。

 

摂取量について。胃腸が悪くなった時期があったのもあり、最近はシェイカー1杯、プロテインでいえば30gほどに抑えていたが、復調したのでもっと摂りたい。筋トレするなら体重 * 2のグラム数を摂るとよいと言われているので、1日2杯は摂るようにしたくて、手元にすぐ飲めるように常備することで1日2杯を続けていきたい。胃腸のためにビオフェルミンも継続する。

 

コストについて。5kg 9000円くらいなので、1日60gとして85日くらいは持ち、1ヶ月あたり3000円ほどなので、許容範囲内だと思う。他にもサプリメントやBCAA, クレアチンなども必要だし、ジム代も足すと1ヶ月あたり1.5万円でほどよい感じ。

 

知識について。高校までは柔道をしていたが、その頃は「ビタミンCで疲労回復、汗をかいたら鉄分を摂る」くらいの知識しかなかった。練習も量をこなすことで精一杯だった。今ならプロテイン、BCAA、クレアチンを摂るし、マシンで鍛える日も入れたい。他にもいつもと違う刺激のトレーニングを入れるとか、運動の本を読むとか、睡眠・休息も管理するとかいろいろ改善できたはずで、それが全部できるわけではないけれど、結果を出す人はそういう1つ1つのやるべきことをより多く実行した人なのだろう。

映画「ソードアート・オンライン -オーディナルスケール-」の感想(ネタバレ含む)


【SAO】オーディナルスケール ユナ歌 シリカVer.

  • 一言で言うと、クオリティがとても高かった
  • VR, ARは仕事とも関わるし、SAO自体も以前見ていたので、ナイトリー価格の1300円で豊洲で見てきた
  • 関連会社はたくさんあるが、CyDesignationや草薙、A1Picturesが含まれる
  • パックマンが出てくる。コラボ
  • 背景のぼかし。省力して描ける。実写の上に描くという省力化もしているはず
  • オーグマーというAR機器を付ける未来。名前の由来はAugument Reality
  • 人のレベルが見えるという設定。優越感が得られるし競争心を煽れる
  • 真上の空が動いていないのに違和感。SAOの設定?
  • ディープラーニングで人格を再現する
  • 東京の実際にある場所が多く出てきて、現実とのつながりを印象づける
  • 基数、序数が出てきたが「あれ?それぞれ何だっけ?」となった
  • 記憶スキャンで記憶が消えてしまう。それって細胞的にやばいので治らないのでは?
  • 音が良くて、敵の大きさが感じられる
  • AR的な、UIを重ねる表現も多く見られる
  • 無駄な会話、無駄な引き延ばしがなく、退屈しない
  • スタッフロールでは、すごく多くの人が関わっていることがわかる。同期の名前もあった
  • スタッフロールの後、次へのほのめかし
  • ユナを演じるのは神田沙也加
  • プロの仕事を見た。こういうプロの仕事をしていきたい

読書「悪童日記」

悪童日記

悪童日記

エンジニア間で話題になっていたので読んだ。双子がひどい目にあいながらも知恵と訓練で乗り越えていく話。1986年に書かれたようだが、翻訳が2014年にされたおかげか、現代の言葉遣いになっていて読みやすい。おもしろかったので続編の「ふたりの証拠」も読んだのだが、こちらは大人になってからの話で、物語の勢いが落ちるので、悪童日記だけ読むのがいいと思う。

の使い方が間違っています。

cmdからAnacondaのactivateを使おうとしたら「\Windowsの使い方が間違っています。」というエラーで環境を変更できない。解決方法は、環境変数PATHに改行が含まれているので除去することだった。cmdでPATHと打って、改行がありそうな表示になっていなければ正しい。

(以下経緯)mxnetを入れようとしていて、環境変数自動設定.cmdが用意されていたので実行したところ、1024文字以上を設定しようとしたので切り捨てます。となってPATHの一部が消失した。PyCharmに環境変数変更前のcmdが生きていたので、setと打って文字列としてコピーし、Windows環境変数の設定から文字列で設定した。ここで改行が含まれていたようだ。

PATHを復元できたことと、改行が原因だと分かったことは良かったが、地雷を2つも踏んでしまった。そうして強くなっていくと前向きに捉えよう。

読書「損する結婚 儲かる離婚」

損する結婚 儲かる離婚 (新潮新書)

損する結婚 儲かる離婚 (新潮新書)

もし結婚したとして、相手が浮気をしたら相手の責任なので、あちらから慰謝料をもらって離婚完了、そう思っていたのは勘違いだった。慰謝料はもらえるかもしれないが、それは100, 200万円ほどで、それよりも大きいのは「婚姻費用」。これは夫と妻の年収差が大きいほど払う量が増え、年収が多い方が年収の低い方に払う。これは離婚完了まで別居していても払う必要があり、年収の低い方は離婚を引き延ばした方が経済的に良い選択となり、5年引き延ばすことも可能である。

一番大きいのは婚姻費用だが、「財産分与」も中くらいのインパクトがある。結婚してから築いた資産は半分に分けるというもの。さらに子供がいれば「養育費」を子供が成人になるまで払う必要がある。互いの年収に差がある状態で結婚して子供ができて別れたら、妻に5年スパン、子に20年スパンで支払う必要があり、数千万支払うことになる。人と人の気持ちの問題であると考えがちな結婚だが、実際はマンションを買うレベルの大きな契約である。

結婚しなくても、同居していたら事実婚として「財産分与」は発生しうるが、同居を辞めれば「婚姻費用」を払うことは避けられる。現実は「結婚すると面倒だから事実婚にしよう」というのは日本では一般的ではなく、相手が納得しないだろうから、離婚する確率を見極めるために年単位で同棲して、嫌な部分も乗り越えていけることを確認してから結婚するのがいいし、年収差が小さい相手と結婚することで婚姻費用による問題を小さくすることも大切である。

VRサイクリング「THE TRIP」@渋谷 体験レポート

をQiitaに書きました。

http://qiita.com/peroon/items/878f41f5f9e99a790db7

技術的なことはQiitaに書いた方がいいという意見を聞いたので、実験的にQiitaに書いていこうと思います。