読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

peroon's diary

game programmer

Unity LookAt y-axis only

// LookAt camera, y-axis only

    void Update () {
        var cameraPosition = Camera.main.transform.position;
        cameraPosition.y = this.transform.position.y;
        this.transform.LookAt (cameraPosition);
    }

最近の食事や運動

f:id:peroon:20160925001446j:plain

ベテランほど「サプリは補助。食べ物から栄養を摂る」と言う。最近は鶏ガラスープの素を沸騰させて、卵4つ(卵黄を2つ抜く)を似て、ざるでスープ部分はこし、青ネギと唐辛子を振って食べている。ゆで卵は手間がかかるし、炒り卵は砂糖や油が必要。今の作り方がとても楽だしおいしい。

  • 胃腸

ビオフェルミンを1日2錠から、朝昼晩2錠ずつにすると、タンパク質からくる胃痛がなくなった。

  • 安い肉

広告の品だった多めの豚肉や、アメリカのステーキ肉など、安いけれど量があるものを買ってみて、おいしく食べられるか試してみた。脂身は苦手なので切り落とし、クレイジーソルトと胡椒、オリーブオイルをあえて寝かせ、低温で焼いてみてもイマイチ。食べれるけど、栄養の摂取方法としてはすじが悪い。

19あたりをうろうろしていて、15%までまず下げたいと思っていて、米やパンなどの糖質を減らしている。ジムで自転車を漕いでも、1時間で400kcal, 半分脂肪が燃えたとしても20gの減少にしかならない。体脂肪は落としたいが体重と筋肉は落としたくないので、これはすぐの結果を期待せず、長期的に取り組む。

上記と関連して糖質制限を試してみた。私は極端なので全く摂らないようにしたら筋肉痛が回復せず、力も沸かなかったのですぐ辞めた。最近は米とパンを食べ過ぎないようにする、軽めの糖質制限にしている。お菓子系を見ると糖質の塊に見えるようになった。

Unityで固定カメラを切り替える

ocias.com

FF7みたいに固定カメラをユーザの移動に応じて切り替える実装。エディタ拡張としても学びがあった。

カメラに近い物体は半透明ではなくディザリングする

Unity

という方法もある。半透明描画で大変な描画順に悩まされず、物体の向こう側を透かして見ることができる。シェーダはこちら https://ocias.com/blog/unity-stipple-transparency-shader/

f:id:peroon:20160920104442p:plain

1つの岩でステージを作る

https://megascans.se/library/free

ここで岩のモデルとマテリアルが入手できる。全てをUnityにドロップして読み込む。fbxも1つ含まれているので、それを回転させるだけでステージを作ってみた。全くコピペ感がない。あとは草を生やして生やして人や動物、煙パーティクルなどを置けばいい。1つの岩で十分だと体感できたことは重要で、省力化とサイズ削減につながる。

f:id:peroon:20160906171658p:plain

megascanについてはIndieで30p $19なので、1ヶ月お試しで使ってみてもよさそう。自分で草や砂利の写真を撮ってくれば十分ともいえるし、Webでフリー公開されているものもあるだろう。ただ、自作するときはNormal用テクスチャをどうするか。UnityでMaterialを作っていた時も、Diffuseに加えてNormalをつけた瞬間にリアル感が上がった。NormalをDiffuseから自動生成するソフトはあるが、それで十分だろうか。久しぶりにカメラを持って外に出かけてみようかな。

ベランダ菜園に失敗した

f:id:peroon:20160828133439j:plain

2ヶ月くらいベランダ菜園をしていたが、そろそろやめようと思う。ほとんど食べずに終えてしまったが、失敗として記録しておく。

f:id:peroon:20160828134144j:plain

水の管理について。ペットボトルとスポンジを使った「自動水やりシステム」を導入した。ペットボトルを2つに切り、スポンジで水を土まで吸い上げる仕組みで、水のやり過ぎで根腐れすることを防ぎ、水をやり忘れたときの保険にもなる。水のたまるところは藻が生えないように段ボールで囲ってある。これは導入してよかった。ただ、植物によって水の減り方が違うので、毎日1回の水やりでどれだけ与えればいいのかがわかりづらかった。底に水をためる仕組みの、底の水を全ての鉢で共有できるようにすれば、水やりをする箇所も1カ所で済むし、鉢ごとに水をあげすぎたり、不足することもなかっただろう。1日水をあげ忘れるとしおれてくるが、水をあげると翌日には復活していた。とはいえ1度しぼんだ葉っぱはおいしくなさそうだった。2日あげ忘れたことはないが、そこまでいくと瀕死になってしまいそう。

f:id:peroon:20160828134739j:plain

土の少なさについて。上の画像はバジルで、シソと同じく大きく育ってくれた。見ての通り、根が張り巡らされていて、土不足である。ピザやらに乗せて食べようと思っていたが、食べ頃を逃し、食べることはなかった。

食べるタイミングについて。葉っぱ系の野菜をほどほど育ったところで1度食べたら、その鉢全体が弱ってしまった。切断面から水を失ったからだろうか、収穫は植物にとってダメージとなるようだ。それをふまえてバジルやシソは十分に育つまで待つことにしたが、待ちすぎて固くなってしまった。まだ育つと思っていたらいつの間にか固くなっていた。家庭菜園のウリである、採れたてのおいしさがなくなってしまい、ほとんど食べなかった。育ち中の若いときに食べるのが正解だった。食べ頃というのは限られたタイミングにしかなかった。

植える密度について。植えすぎた。ラディッシュも育てたが、土の中に実を確認したが小さかった。たくさんタネを植えすぎて、栄養を取り合った結果、どれも大きく育たなかった。ラディッシュは途中で虫が発生した。都会のアパートの3階のベランダなのに、どこからか発生し、唐辛子水をスプレーして他の鉢と隔離した。初期の頃の鉢だったので、少し心が折れる。毎日朝と夕方にでも観察できていれば、虫の発生も早く気づけただろうが、社会人には無理である。観察と早期対策が大事。

今後について。そろそろ寒くなってくるので、このセットは破棄しようと思う。次の夏にもし作るとしたら、育ちのいいバジルとシソをメインに育てて、タネを植えるタイミングも1度にではなく2日ごとに少し植えるなどして、一気に食べないといけないという状況を避けるとよさそう。ネギは伸びたかと思えば先端から枯れていくし、育てるのは難しいようだ。水は十分だったので、土や湿度、葉水など別の要因が大事なのだろう。そういえば葉水は全ての野菜において、全くしてなかったのですればよかったのかも。おいしさピークの野菜を継続的に提供する農家・スーパーはすごい。今後は育てるのは止めて、買って食べる側に戻ります。

unity particle sprite sheet randomly

f:id:peroon:20160818185006p:plain

f:id:peroon:20160818185034p:plain

f:id:peroon:20160818185102p:plain

ポイントは、Particle System > Texture Sheet Animation > Whole Sheet > Frame Over Timeが右端のドロップボックスから0, 1, 2, 3からrandomly selectedする設定を選べることでした。