窓の断熱としてスタイロフォームを立てかけてみた

f:id:peroon:20171209110848j:plain

「厚さ20mmx巾910mmx長さ1820mm」サイズを2枚(1枚980円)で購入し、窓に立てかけて上に綿をはめて固定した。強くこするとボロボロしそう。日光で劣化して黄変してボロボロになるそうなので、そのうち何かで覆うかも。養生ボード(同じサイズで178円くらい)とか、黒いガムテープとか。

最初は切って継ぎ目をガムテープなどで折りたためるようにしようと計画していたが、加工なしのそのままでよさそうなので工数削減した。半透明なので外の光が入るのは良い。夜に本領発揮してくれるか、実験。ヤバイ人が住んでいそうな部屋になった。

追記:はっきりと効果があった。昼の暖かさのピーク時はエアコンを切り、夕方はいつもより設定温度を1度下げてちょうどいい。そして夜もそのままの温度で過ごしているが今までより暖かくて、特に足の寒さがない。今までは部屋中央部と窓側で温度差が大きくて、空気の流れの中にも温度差が発生していたが、それがなくなり、どこにいても温度が穏やかに感じる。

12/15追記:室内が暖かく安定しているので「寒いからエアコンの温度上げよ」と調整することが減った。