ヒカルのVALUを買おうか検討していた

f:id:peroon:20170821174748j:plain

  • YouTuberヒカル
  • 暗号通貨
  • VALU

そのどれもをまあまあ知っていたので、ヒカルがTwitterで「VALUで大きく動きます」と書いたときには買おうか検討した。その当時のVALU時価総額上位者を見ても知らない人や声だけ大きい人などもいたので、現在影響力を持つ「ヒカル・ラファエル・いっくん」はランキング上位まで行けると思ったし、彼らはランキング上位を独占することで箔を付けに来たのだと思っていた。

時価総額上位者は40億とかになっていて、そんな価値あるわけないやんと思いつつも、上がるものは上がるので儲けるチャンスはある。実際は500VAしか売っていないから希少性で値が高くなっていて、それを50000VA換算で時価総額を出すので40億とかになるカラクリ。

時価総額上位者と比べるとヒカルは10倍になりそうだったし、その時は500VAしか売っておらず、毎日ストップ高だった。ヒカルが売れればその儲けでラファエル・いっくんを買うだろうから彼らも10倍になると思えた。100万突っ込めば1000万になる可能性があった。

フタを開けてみると、彼らは50000VAを一気に売りに出した。これが全部買われるということは10億レベルの入金が必要で、それはありえないし、そのレベルの買いがないとさらに高値は目指せない。ということで50000VAが売り出された時点でヒカルのVALUの夢は終わった。

その後はご存じの通り炎上で、彼らの個人情報が暴かれてイタズラもされている。私は最初「ルール内でできることをしただけなのだから問題はない。投資は自己責任」と思っていたが、社会の風潮はそうではなく、彼ら(主にヒカル)は社会的に抹殺されそうになっている。ルール内でやっていても悪用と思われたらアウトだということと、VALUのような個人で市場をコントロールできる場は危険ということを学んだ。