リブセンスの本を再読した

リブセンス〈生きる意味〉

リブセンス〈生きる意味〉

早稲田高校の文化祭では数百万の予算が付き、先生と交渉して運営する。そういう経験を経て村上太一社長は大学1年で起業。スケジュール管理・段取りが得意で信頼関係を築くことができる好青年。

学生だったのでメンバーは平日は集まれない。MTGはAM7や土日、Skypeなどで行った。

なるべく早い返信を心がけた。受け取って、調べてから返信する旨を伝えるだけでもいい。

人材紹介会社の取り分は年収の30%だが、ジョブセンスは10%。

給料はゼロ。軌道に乗るにつれ、多めに払っておいて増資に使った。

DOOR賃貸では契約が決まると住む人にお祝い金が出る。

既存の仕組みを新しい仕組みにするところにビジネスチャンスがあるので、既存の仕組みを知ることが大事。

頼り上手。