読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔の映る実況プレイ動画が作れることを確認した

道具はMac, iPhone, デジカメ, Premiere, QuickTime.

f:id:peroon:20170412002915p:plain

撮影には、iPhoneMacにつなぎ、QuickTimeを起動し、File > New Movie Recordingで動画撮影モードにし、赤くて丸い録画ボタンの右を押して、QuickTimeへの入力をPCからiPhoneに画面とマイクの両方を変更する。録画を開始するとiPhoneの画面と音が撮影できる状態。音がQuickTimeに取られてスマホからは聞こえなくなるので、PCにイヤフォンを挿せば聞くことができる。録画ボタンを押すのと近い時間に、デジカメ側で顔を写して録画開始する。

f:id:peroon:20170412002930p:plain

録画が終了したら、2つの動画をPremiereで重ねる。プロジェクトに読み込んだら、背景となる側を先にタイムラインにDrag & Dropし、次に乗っかる側もDrag & Dropする。タイムライン上で音ずれを合わせたら、次は画面の位置を調整する。Window > Workspace > Effectを選んでエフェクト編集画面にしたら、位置を変更したい動画をタイムライン上で選択した後、Video Effects > Motion > Position, Scaleで変更する。あとは出力して完了。

編集はこれでできることを確認した。それ以前に必要なのは、ゲームの知識、そのゲームを楽しんでいるか、思ったことを言葉で出力できるか、笑顔を絶やさないか、などだろうけど、それはまた、別の話。