読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

peroon's diary

game programmer

映画「ソードアート・オンライン -オーディナルスケール-」の感想(ネタバレ含む)


【SAO】オーディナルスケール ユナ歌 シリカVer.

  • 一言で言うと、クオリティがとても高かった
  • VR, ARは仕事とも関わるし、SAO自体も以前見ていたので、ナイトリー価格の1300円で豊洲で見てきた
  • 関連会社はたくさんあるが、CyDesignationや草薙、A1Picturesが含まれる
  • パックマンが出てくる。コラボ
  • 背景のぼかし。省力して描ける。実写の上に描くという省力化もしているはず
  • オーグマーというAR機器を付ける未来。名前の由来はAugument Reality
  • 人のレベルが見えるという設定。優越感が得られるし競争心を煽れる
  • 真上の空が動いていないのに違和感。SAOの設定?
  • ディープラーニングで人格を再現する
  • 東京の実際にある場所が多く出てきて、現実とのつながりを印象づける
  • 基数、序数が出てきたが「あれ?それぞれ何だっけ?」となった
  • 記憶スキャンで記憶が消えてしまう。それって細胞的にやばいので治らないのでは?
  • 音が良くて、敵の大きさが感じられる
  • AR的な、UIを重ねる表現も多く見られる
  • 無駄な会話、無駄な引き延ばしがなく、退屈しない
  • スタッフロールでは、すごく多くの人が関わっていることがわかる。同期の名前もあった
  • スタッフロールの後、次へのほのめかし
  • ユナを演じるのは神田沙也加
  • プロの仕事を見た。こういうプロの仕事をしていきたい