平日に東京から日帰りで富士山登山をして登頂成功したので振り返り

f:id:peroon:20150823203416j:plain

日本一の山を登ってみるか!と思って調べる

  • バスで2500円くらいで行ける
  • 吉田ルートで登るのが一般的
  • 子供や老人も登ってるそう
  • 平均登頂時間は6時間
  • 下山は半分の3時間
  • 新宿からの高速バスは、一番早くて09:30五合目着、最後の新宿行き便が18:00
  • 9時間あるので平均より早ければ間に合いそう
  • 「富士山 登山 日帰り 東京」とかで検索したところ、一般的には勧められていない http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3955982.html
  • ルール:15:00に登頂できなかったら引き返す
  • 混んでるのは避けたいので平日に有給で行く

準備

  • バス予約。有給連絡
  • 登山に必要な物を検索
  • 塩飴、スポーツ羊羹、BCAA粉末。塩飴は常に食べる
  • GoPro + Warable Gimbal 動画撮影機材
  • スマホ、ケーブル、電池
  • 雨具は必須のようなので、ポンチョ雨具を購入
  • コンビニでおにぎり。SOYJOY、飲料

登山

  • 子供はほぼ見かけない。老人はゆっくり登っている
  • 午後は天気が変わりやすく、雨はよく降るそう。実際たまに降った
  • 思ったより岩岩していて。これ子供や老人が登れるのか?と思った
  • 棒(金剛杖)を持っている人が多い。現地で1000円ほど
  • 私は棒なしで岩を手でつかんで登っていった。こっちの方が速い

下山

  • 登りは岩岩していたが、下山は火山灰ゾーン
  • 傾斜はゆるくなっているが、距離が増える
  • とはいえ結構スピードが出て、膝に負担がかかる

時間

  • 04:30 起床
  • 05:30 家を出発
  • 06:40 新宿バスセンターから富士山5合目へ出発
  • 09:10 五合目到着。トイレに行ったり、周りを軽く見たり
  • 09:30 登山開始
  • 12:50 登頂。さらに上があるようなので先に進む(軽いお鉢巡り)
  • 13:30 下山開始
  • 15:00 5合目に戻った
  • 18:00 バスで新宿に戻り
  • 20:45 新宿着

費用

  • 高速バス 2600 * 2
  • おにぎり3、SOYJOY、飲み物3本 計1000
  • 雨具 1500
  • 駅までの交通費 500くらい?
  • 塩飴、スポーツ羊羹 200 + 500
  • 合計 約8900円

成功要因

  • 持久力はある方で、足を動かし続けられた
  • ソロなので、合ったペースで上れるし、トイレ待ちが発生しない
  • 塩飴とスポーツ羊羹とBCAA粉末を摂取
  • 途中でトイレに行きたくならなかった
  • 曇りで日光が強くなかった(体力が削られなかった)
  • 雨は帰りの午後に少し降っただけだった(不利すぎたらポンチョを着て動きがにぶくなる)

感想

  • 山頂は寒くて風も強い。ウィンドブレーカー等必須
  • 一般的男性4人なら同じ日帰りプランでもいけるかな
  • 2人に追い越されたけど、他は追い越した
  • 山頂のお鉢巡りからの剣ヶ峰は行かず、身近な一番高いところへ
  • 行ってたら1時間半ほど追加となる。寒い&霧&強風なので、行ってたら体力と時間がやばかったかも
  • 8合目ベンチなどで一瞬横になって休んだりした
  • 山の上は水が400円、トイレ200円、カレー1000円、そういう値段
  • 泊まる場所はいくつかあったが、雑魚寝素泊まりという感じでおすすめしない
  • ご来光が見たいなら泊まるしかなさそう。夜中、たとえば午前3時に登るのは暗くて危険
  • 中国人が多い。6割くらい?2割が他の国、2割が日本人
  • 霧が強くて頂上からの絶景や火口は見れなかった。たまに霧が晴れた
  • 自然の大きさ、強さを感じれたし、成功したので行って良かった
  • 具合悪くなったり、足を痛めている女性を数人見かけた
  • 靴は登山靴がいいそうだが、持っているランニングシューズで行った。下山で火山灰が靴の中に入る
  • Mountain is Monster

帰った後

  • 曇りだったから日焼け止めを塗らなかったが、思った以上に日焼けしていてちょっと痛い。どんな天気でも長い時間外にいるなら塗るべき
  • 目も赤くなっていたので対策しておいた方がいいかも
  • 疲れ切って水シャワーのみあびて就寝。次の日から筋肉痛
  • 翌々日、動画加工してUP

www.youtube.com